GDI株式会社地熱開発

エネルギー自給率100%を目指して

地熱開発5つの強み

  • 1

    共同組成

  • 2

    最短化

  • 3

    対応力

  • 4

    金融
    スキーム

  • 5

    商品力

1

共同組成

地域と共同して事業を組成

地域と共同で事業を組成し、かつ自ら発電事業に応分の投資を行います。これにより共同事業者とパートナーとして15年間同じ船に乗ることになります。地域のニーズや以降に柔軟かつスピーディーに対応し。基本的に高度の専門性やリスクの高い部分を引き受け、事業資金の調達も中心となって行います。

2

最短化

中小規模特化で事業開始までを最短に

大規模発電は環境負荷や地熱資源への影響が小さくありません。そのため長い年月をかけた準備と調整が必要になります。地域や共同事業のパートナーへの負担を最小限にするため、中小地熱開発(5MW程度まで)に特化し、その中で地域に存在する地熱ポテンシャル最大活用を目指し、同時に投資の大敵であるリードタイムの最小化を試みます。

3

対応力

スピーディーかつ柔軟な対応力

地熱発電事業を組成し事業化する中で、多くの問題や困難に直面することとなります。更にそれが初めてのパートナーと共同事業であれば尚更です。我々は如何なる問題や困難に対して予見を持たず、あらゆる選択肢を維持したまま、スピーディーかつ柔軟に対処して来ました。今後もそれを特徴として、更に磨きをかけて行きます。

4

金融
スキーム

市場経験と知識を活用

第二種金融取引業
登録番号 関東財務局長(金商)第2954号

地熱発電は調査、掘削そして発電所建設と事業開始前の初期投資額が非常に大きくなります。中小規模の事業であってもそれなりの事業費になります。また地熱発電事業は未だ前例が少なく、レンダーも経験に乏しいため非常に慎重です。そのため慎重な準備と金融のノウハウが要求されます。
また匿名組合出資を利用した倒産乖離スキーム使って事業用SPCを設立することにより、個々の事業主体がどのようなに状況になっても、発電事業は独立して継続されることになります。その他金融的手法を使える選択肢を有することは、難しい投資を行う上で大きなアドバンテージとなります。金融や投資の経験者を多く抱える我々は、経験と知識を活用してこの分野でリードします。

5

商品力

創造的で固有な商品力

当社はデベロッパーかつ投資家でありながら、発電機を初めとしたプロキュアメントに早くから注力して来ました。排他的にこれらの輸入元や製造元となることにより、事業コストのコントロールが可能になると同時に、それぞれの発電機の特性を活かして事業計画に大きな自由度を生むことが出来ます。更に微小な人工地震波を用いた独自の物理探査手法も用意し、掘削の成功率を上げ、事業全体のバンカビリティをあげる活動も行います。

その他の再エネ事業

  • 風力発電

    陸上風力発電は、FIT施行以前から比較的導入が行われてきた電源です。しかしながら風況のFSや環境アセスメント等に大きな時間と費用がかかり、事業化には大きなハードルがあります。事業環境はFIT施行により大きく改善したものの、昨今のCAPEXの国際比較資料を参照しても、非常に割高な発電だということがわかります。
    私たちはGPSSグループとして陸上の大型風力に、株式会社地熱開発として小風力事業に、またグループ企業の日本風力サービスが風況調査に参入しました。先行する欧州に比して考え、それぞれの立場でコストを大幅に削減し、時にはグループ内で協力してGPSSを実現する風力事業の構築を目指します。

  • 小水力発電

    小水力発電は、地熱発電と同じく24時間365日、安定的にエネルギーを生産できるベースロード電源です。また水力は小規模な装置であっても大きな発電量になります。さらに日本は世界有数の降水量の多い地域に位置しており、かつ地形が急なため、その位置エネルギーを利用することで大きな仕事をさせることができます。私たちは地熱発電に続く、地域共生型の電源としての水力発電の利用に積極的に取り組んでまいります。
    発電機に関しては技術力で評価の高い欧州メーカーと既にMOUを提携し、直接調達が可能です。プロジェクトコストの大部分を占める土木造成に関しては、グループ内の知見と機能を活用します。また水力に高い専門性を持ったNPOと協力して事業を行います。既にエネルギー消費地である首都圏近郊の二地点に絞り込んで、地元理解の形成とFSに着手しております。今後も着々と事業を進めて行く所存です。

  • バイオガス発電

    バイオガス発電は、地域に賦存するバイオマス原料(家畜糞尿、下水汚泥、食品残渣など)からメタンガスを生成しエネルギーを生み出す電源です。もともと、廃棄物として捨てられていたものを、原料として活用し財源化できることから、多くの地域で取り組みが進んでいます。
    私たちはバイオガス発電の抱えるボトルネック(高価格、低効率)を解消しながら地方自治体と共同事業を目指します。基本的には当社でEPC(設計・調達・建設)を行いながら、設備投資水準の低減を行うことで、現状では事業化が難しい案件も組成及び事業を行います。バイオガス発電システム及びバイオガス生成プラントの供給では、欧州メーカーと提携して効率を高めつつコスト構造の転換を目指します。

↑