GDI株式会社地熱開発

エネルギー自給率100%を目指して

TICA PC280

規制緩和対象内で最大発電出力の
バイナリー発電機

製品サイト
写真:PC280
  • 定格出力280kW

    91℃から149℃の熱水・蒸気により最大280kWの発電が可能です。

  • 容易なメンテナンス

    地熱を想定して開発されたシェル・チューブ熱交換器によりメンテナンスを容易に短時間で行えます。

  • 短納期最小限設置費

    量産モデル型の発電機なので、納品まで2〜3ヶ月と短期化を実現しました。工事期間の大幅削減に寄与します。

ELECTRA THERM Power+ Generator

様々な低温熱源から発電可能なバイナリー発電機

製品サイト
写真:Power+Generator
  • 低音熱源から発電

    77℃という今まで発電に不向きだった低温熱水でも、低沸点媒体を使うことにより発電が可能になります。
    (最大110kW)

  • 低コストパッケージ型

    発電機と冷却塔をパッケージ型で販売しておりますので、設置工事の低コスト化や事業期間の短縮化に寄与します。

  • ゼロエミッション

    独自の技術を用いた回転機を採用しているため、発電によって排出するCO2をゼロに抑えることに成功しました。

人工地震電気探査 | Seismo electric geothermal survey

写真:SE探査 写真:地中を可視化
  • 正確性

    石油、シェールガス、地下水、地熱探査を長年行っている米国の技術を用い、地熱井掘削の成功率向上に貢献します。
    本技術は地下水の貯留槽探査で400以上の実績、90%の掘削成功率を誇ります。

  • 利便性

    大型の装置を必要としない調査方法のため、山林でも持ち運びができます。
    今まで調査が困難だったエリアにも地熱開発の可能性を広げます。

  • 地下地質構造を可視化

    地下の透水性マッピングや、貯留層データ等、2D・3Dで地中の状況を可視化します。
    地下の見える化により、掘削成功率を押し上げます。

↑